お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

(前回より2)そもそも私は当時、教師に対し間違えたことは一つも言っておりませんでしたので、なんら恥じるところはありません。2017年12月13日

(前回より2)
 そもそも私は当時、教師に対し間違えたことは一つも言っておりませんでしたので、なんら恥じるところはありません。確かに大人に対し素直な態度ではなく、それが反抗的な態度であったことは認めます。
 私が言動で示したことは、子どもを理解する能力もない大人が教師をやっていることを批判していただけです。私の言動は理由なき権威への反逆でなく、根拠ある反骨の現れですので。(でも、言動の言質を取られ、子どもに敬語で冷ややかに批判される教師はたまったもんじゃなかったでしょうね)。
 職員室では四面楚歌の私でしたが、その中で3年の時の担任教師は大学院を出たての若い教師で、その中学で唯一人、私を理解し、味方になってくれた人でした。
 後年、私が教師修行で私立幼稚園・小学校に出向していた時に、その学校で私は先生と再会しました。研究発表会に来臨された先生がお帰りになる際、広い校庭を追いかけてお呼び止めしたのです。先生にお会いするのは15年ぶりのことでした。
 秋空の下で話した先生は、経験を積み一層柔らかに、人柄に厚みを増したようにお見受けしました。なにより、私がこういった場で仕事をしていることに大いに驚かれたご様子でした。先生は傾き始めた陽射しを見晴るかし、「そうか…。山岸が、教師になってくれたか」とつぶやかれました。私にとっては、希望で胸が膨らむ、先生のお言葉でした。

 さてそのような私に、初の全クラス同窓会の知らせが届き、前述の恩師を含め、みなと卒業以来の再会を果たしました。
 学年280名のうち80名との再会となったのですが、私に対しみなが口を揃えていたことがいくつかあります。そこには当時から自覚のあったことと、自覚もなければ記憶もなかったことに分かれました。
 集約すると、①当時の私は背が高くなかったこと。②先生に対し素直でなく反抗的で、口が達者で先生にしょっちゅうぶん殴られていたこと。③演説がうまかった、らしいこと。④よく私の自宅に友人が集まり、母に歓待を受けていたこと。中1の担任教師まで家に来て、みなでスケートに行くなど、私がよく遊びを計画していたこと。などです。①と②は事実ですが、それ以外は私の記憶から飛んでいました。
 演説がうまかった、というのは1年の時、生徒会副会長候補に挙がった級友の応援演説をした際、全校生徒を集めた体育館でみなを湧かせた、ということで、当選した彼を差し置いて名前を知らせた、ということのようです。まったく忘れていました。たくさんの友人が思い出させてくれました。今では理事長講座で、わき道に逸れた話ばかりしています。歳月を経てヘタになったようです。
 「ちょっと、あのこと覚えてる?」と、ここには書けないことも含め、多くの旧友に声をかけられた私は、当時けっこう楽しい時間を過ごしていたようです。少なくとも私の中の私の記憶より、友人の記憶の中にいた私の方が遥かに楽しげで輝いていました。私は還暦までには、暗黒の中学時代の記憶映像を、やや明るいトーンで上書きできそうです。
 みなさんも、自分の暗黒史は少なからず抱えていらっしゃるのではないですか? でも実際は、そんなに悪くなかったのかもしれませんよ。

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.