お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

前回よりつづき2  私がなぜ、子育てをし、受験に立ち向かうお母さまの味方なのか、それには理由があります。2017年3月8日

前回よりつづき2
 私がなぜ、子育てをし、受験に立ち向かうお母さまの味方なのか、それには理由があります。
 その理由は時として、お父さまからご批判を受けることがあります。
 いえ、その理由がどうであるかは、お父さまはよくご理解のはずです。問題なのは、私がお父さまの味方につかないのでは? とご不信であるからだと思います。
 私はお父さまを批判する者ではありません。お母さまを理解していただきたいと、啓蒙活動をするものです。

 わが子の受験は基本的に、母親が牽引する性質があります。父親は脇役である場合が多いです。ですからまず母親の情緒を安定させることが、もっとも重要なサポートとなります。もう、脇役の役目ではないですね。渋みのある主役にしかその役は負えません。
 だから私が理事長の立場として、まずお父さまにその自覚に目覚めていただきたい、そのようにお伝えをしている。というわけです。
 「いや、そんなことはわかっています。ですが、私の気持ちも汲んでほしいです。」
 そんなお父さまの心のお声は届いていますよ。わかっています。
 男は無条件に、愛する子や妻や家族のために、多大な精神的自己犠牲を払って仕事をしています。社会の中で自らを押し殺し、無理や理不尽にも耐え。本来の自分を抑え込み。
 そういう男としての真の意味での強さ、優しさがあるからこそ、家族にあたりまえの幸せが訪れるのですね。わかります。男同士、わかり合えることではないですか!
 でもそれって、女性は毎日、逃げられない日常の些末なことのことごとくを受けとめ、ことごくごくあったりまえに遂行していることなのです。
もう人生の真実って、身もふたもないことばかりですからね。男にとっては、生きるための神話が必要なことでさえ、女性にとっては当然の義務で背負っていることですからね。
 ここに気づいて妻に感謝ができるだけでも、相当男としては練れていると思いますよ。私は褒めてあげます。認めます、あなたの男としての強さを。(女性は、あったりまえでしょと鼻で笑うかもしれませんが)

 男として生きるとは、出来上がった社会機構の中でなら、会社や組織という社会に属し、この世の理不尽を黙って飲み込み、己の考えを曲げて大局に沿い、自分の時間のほぼすべてを意のままにならないうちに費やし、そうして禄を食むということでしょう。
 それらの束縛を嫌うなら、山里に入り自給自足の暮らしを送る、ということもできます。しかし先々のわが子に、自らの人生を選択させることを念頭に置くなら、まず教育を高度に受けさせることが先決となります。ですから後者は現実味が薄いですね。
 私は急に、小学生ぐらいまでのころは、古い映画の中でターザンとジェーンが密林の宇宙で展開する世界に、結構本気で憧憬を抱いていたことを思い出しました。

 この世のわずかな幸せを噛みしめて感謝できること、そして日々の小さな幸せに通り過ぎず気づくこと、そして心に炎を燃え立たせて発電することですね。男は自分自身が発電所にならなければいけないんですよ、きっと。
 私など先日、娘がバレンタインデーにハート形のケーキを作ってくれたことだけでも、この1年生きてきた甲斐があったと、幸せを噛みしめてみましたからね、心底。つづく

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.