お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

人間の努力には限界があります。2022年3月23日

 人間の努力には限界があります。個人の一人一人が持てるエネルギーには限度があります。ところが、精神力が体力を上回って行動することが人間にはよくあり、その結果高確率で体を壊すわけです。これが家庭用電力であれば、30アンペアの少量供給電力の時は30アンペアを超えれば自動的にブレーカーが落ちます。まあまあ、ちょっとエネルギー使い過ぎだから少し休ませよう、と物理的になるわけですね。それが60アンペアの家ならば結構エネルギーは供給できますが、これが人にたとえれば、3000アンペアのエネルギー量を供給できます、という人は稀でしょうね。不可能かも。瞬間的に別の発電所から供給を受けることは可能であっても、整流して生身に通すことを考えるとやはり暴発するでしょう。

 話が長くなりましたが、人は自分の本分を全うして生きているならば、それ以上のことに責任を持つ必要もないし、責任を負わなくてもいいし、まして他人から非難される云われもない、ということです。あっちもこっちも気をつかえません。持てる以上のアンペアの増量は要らないです。
 私は仕事を通じて、お預かりしたご家庭、会員さんのファミリーが幸せになっていただくことを切に望んでいます。それは多くの場合、志望校に合格することを意味しています。
 しかし、先週の通信「モクレン」でも書いたように、結果に完全に満足を得られなかった場合でも、ファミリーの結束が強固になったとか、親として学びがあったとか、わが子は進学した学校で充実して過ごしているとか、努力を重ねて得られた経験に満足していただけるなら、それはわたしにとってもとてもうれしいことです。

 お預かりしたからにはすべてのファミリーに私は責任を持っていますので、ご家庭の夢の実現に最大限の援助を行います。たいていの場合、お父さま、お母さまの子育ての実際のスキルを上達させる必要があります。
 私ごとき未熟者が、学業・経歴・人格ともにご立派なご父母に、子育てのやり方であーだこーだと申すのも、私の身の丈以上のことを申し上げるようで憚るところではございますが、私が経験として知っていることは、これはお伝えしないと、私はそれを不誠実だと思うんです。お客様だから言いづらいことは見ないふり、というサービス業とは違うんです。 
 これ、拙著にもかいつまんで書きましたが、私が高校1年の時に、下校中の山手線の車内で、一人の高校生に大勢の他校生が暴力を振るっているのを見かけた時に、割って止めに入るうちに私も乱闘の当事者になってしまい、おまわりさんに挟まれてパトカーで原宿署に行った、ということがあったわけですが、それは私の信条がそうさせるわけです。私は暴力からはほど遠いところにいる者ですが、自分の信条を守るために巻き込まれるということはあるわけです。
 まして、目の前で溺れている会員ご父母を見放すことなんてできません。本当の非常時に、お父さまやお母さまの気持ちをおもんばかって笑顔でやさーーーしく、ていねーーいに、かみくだーーくようにお伝えするという悠長なことを言っている場合でない場面があります。ですから私は、子育てがダメなときは「ここがダメだから直してください」と直言します。一言居士を気取るつもりは毛頭ありませんが。
 慶応会にはお客様はひとりもいません。全員が私のかわいい教え子です(かわいいかどうかは私の指導を受けたご父母の反応を見て判断しますが)。
昭和のカミナリ親父の熱血指導には愛がありますよ。この愛は無尽蔵なんです。こんこんと湧くんです。1分間に3000リットルぐらい出せますよ、願書の時とか。鼻血が吹くこともあるほどですからね(さすがに鼻血は止血します)。

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.