お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

コロナ禍でお過ごしの皆さま、大過なくお過ごしでいらっしゃいますか?2022年2月16日

 コロナ禍でお過ごしの皆さま、大過なくお過ごしでいらっしゃいますか? 数字の上から読み取ると、オミクロン株の猛威は峠を越えたようにも感じられます。100年に一度は巡ってくる感染症の災いは、いくら医学が進歩しようとも新たな壁を立てて憚り、全人類の叡智を試しにくるかのようです。あと少しの戦いですね。
 私はノートパソコンの上に誤って座ってしまい、下部20%ほどがようやく生き残ったディスプレイを見ながら文章を綴っています。コロナで体の自由が利かない状態を疑似体験しているかのようです。

 おかげさまで私は3回目のワクチン接種が済みました。1,2回目は慶応会幼児英才教室の卒業生の若い女性医師の先生に打っていただきました。かつて幼児であった子が、もう医療者として社会に貢献しているのですね。うれしいことです。3回目のワクチン接種は、こちらも慶応会会員さんのお母さまである女性医師の方に打っていただきました。慶応会を卒業した後にさらに高く羽ばたくOB、OGの活躍に接する事ができ、この仕事をしていて感慨無量になる時ですね。本当にありがたいことです。

 さて、私も副反応が強く出て、数日のたうち回って過ごし、やはり若いと副反応が強く出るのかな、というのは真っ赤なウソです。何の体調変化もなく平穏に過ごしております。老人は症状が出ないと聞きますので、見栄を張って苦しむふりでもしようかと思っていたのですが。いや、そんなことを言っては罰が当たる。思いがけずに辛い思いをしていらっしゃる方に申し訳が立ちません。
 私の娘など「パパは鉄でできている」なんてことを申します。そんなわけないだろう、もっとパパを労われ!って思いますけれどね。

 そうは言っても私は、2回目のワクチン接種の前日も3回目の前の晩も、もしかすると今日が今生との別れかもしれない、と覚悟を決め、見上げた空の青さを心に染ませようと決意決定してみました。その瞬間、目に映る生きとし生けるものすべてに愛情を感じましたね(おーげさ)。生きているって本当にありがたいことです。

 第一線で活躍するある芸人さんが「生きているだけで丸もうけ」「死ぬこと以外はかすり傷」と言っておりますね。いやほんと、日本においては今現在戦争が起きていないとはいえ、世界中で起きている混乱や人権の蹂躙などを考えるにつけ、少なくとも朝目が覚める時に命の確認をする必要がないというだけでも、深―く感謝ができるというものです。
 自分が生かされていることに気づき、自分の命を活かして人様の幸せにつながるように、何かしら貢献して生きることが、命へのご恩返しだと私は思っています。ついでに平素の悪事もこれで無かったことにしていただけないかしらん、とムシのいいことも考えております。いいじゃないか、人間だもの。

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.