お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

車を運転している人で、このことを感じる人はスムーズに運転ができる人だと思います。2021年6月16日

 車を運転している人で、このことを感じる人はスムーズに運転ができる人だと思います。前を走る車が法定限度速度よりうんと遅く、またはまわりの巡航速度よりも明らかに遅く走っていたり、高速道路であれば走行車線でなく追い越し車線に長々とゆっくり居座って走っていられたりすると、そういう車にはイライラしますね。私はあおり運転をする者ではありませんが、イライラする時はあります。この感覚がわからない人は、とても穏やかに人生を過ごしている人か、もたもた運転をして、善意の他人にストレスをかけている人かもしれませんよ。
 自覚がなかったとしても、もしかしたらあおり運転を起こされる事も起きるかもしれません。そんな時、どうしたらいいでしょうか? たぶんいきなり相手があおってくる前に、クラクションを鳴らされたり、パッシングをされたりという何らかのアクションを感じるのでは? そういう時はですね、車を左に寄せて道を譲って先に通させればいいんです。簡単でしょ? 相手は「早く行けよ!」とか「どけよ!」って言っているんですからどいてやりゃあいいんですよ。なぜそこで意地を通そうとするんですか。そうすればトラブルなんか起きませんよ。テレビで繰り返しあおり運転の映像を流していますが、コメンテーターもくだらない感想なんか述べてないで、「あなたがさっさとどいてやりなさい」って一言言ってやりゃあいいんです。

 さて、関連してイジメ回避の話です。具体的に肉体的に精神的に周囲から攻撃を受けているという場合は、これは周りからの攻撃がエスカレートする前に、自ら全力で打破するために声を上げないと、という話をしばらく前の通信でお伝えしました。
 一方で私が知る限り、イジメられて悩む子の中には、本人に何かしら問題があっていじめの標的になった事例もあります。理由の一つとして、承認欲求の表れかと思いますが、家族自慢や持ち物自慢や、自慢を含め、何かしらの匂わせた言動が鼻につき、周囲の反感を買うところから始まった話なのでは? という話は時おり耳にします。本人にも自分を追い込む言動を発していることに自覚があるはずですが、そこは承認欲求の強さに負けてしまうのでしょう。そんなことを言えば反感を買うことぐらいわかるでしょ。と客観的に思えるような事案でも、結果としてイジメられている、あるいは仲間外れにされていると本人が感じて傷ついていることもあります。これは当人が信頼を置く人から耳の痛い話を聞かなければその言動は改まらないかもしれません。いや、それは本人の性格だから直りません、というのはイジワルですよ。
 でもまあ人と人は相性でつながったり反発したりするものですからね。なんだか感じ悪いことを発信する人でも、その人と相性のいい人はいるでしょうから、感じの悪い人はそういう人と友だちになればいいし、感じ悪い人はイヤだなと感じるならば離れて過ごすようにすればいいだけです。友だちは選んでつき合うこと。誰とでも仲良くしなくちゃいけない、なんていうのは建前の幻想です。
 ただし表面上の人間関係をトラブルなくやり過す、というテクニックは獲得しておくと人生はラクですね。あながち小学校入試での必須項目である「行動観察」はそれを制御するシステムであるかもしれません。

 イジメというのは卑怯者の娯楽ですから、時として善意の人が、本人に特段の理由があるわけでもないのにイジメの対象にされてしまうことがあります。要するに「あいつはイジメたら反応が面白そうだからイジメてみよう」となるわけです。そんな卑怯者の娯楽につき合う義理など何にもありませんから、「ヤメロ!」と早期に声を上げましょう。周りに抑止力のある人がいる時が良いですね。相手が返す言葉も無くすぐらい強い口調で言うのがお勧めです。遠慮がちに「ヤメテね」なんて相手の気持ちをおもんばかって優しく言おうものなら卑怯者たちの思うつぼですよ!

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.