お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

大学入学共通テストが週末に終わりました。ところがその後、このコロナ禍ではそれぞれの大学で行われる予定だった二次試験や実技試験が行われない、という事態が生じています。2021年1月27日

 大学入学共通テストが週末に終わりました。ところがその後、このコロナ禍ではそれぞれの大学で行われる予定だった二次試験や実技試験が行われない、という事態が生じています。そのために何年も準備をしてきた受験生の無念は如何ばかりかと推察します。
 そもそも大学入試センター試験の制度変革元年であったにもかかわらず、受験生は翻弄されてさらにまたひっくり返されて、ですからね。今年の18歳に、私は同情しきりです。でもね、当てにしていたものが当てにならない、なんてことは人生ではままあることですからね。それを学ぶにはきつい事態ですけれどね、きっつい人生勉強です。若い魂には、苦境にあっても乗り越える態度を身につけて欲しいものです。
 人生において確実なものなどなにもない、あるのは自分の魂と肉体だけだ。だからこそ自分自身の修練は一生ものだ、と私はいつも感じています。受験受験で生きてきた子たちにとって、「大学までの人」と言われないように、と巷間言われるようになってきましたが、そんなことは私は昔から百も承知です。
 なにかにぶら下がって生きているようじゃぁ、自分の人生を生きていることにはならないぜ。裸にひんむかれても生き抜くだけの力を身につけておかなきゃぁ、いざっていう時に自分が頼りにならないぜ。と自戒するようにします。
 これから高校受験生、中学受験生が試験場へ向かう日々が続きます。親として、わが子の背中を見送る心がまえを記します。

☆親の祈り☆

神様
もっとよい私にしてください。
子どものいうことをよく聞いてやり
心の疑問に親切に答え
子どもをよく理解する私にしてください。
理由なく子どもの心を傷つけることのないように
お助けください。
子どもの失敗を笑ったり怒ったりせず
子どもの小さい間違いには目を閉じて
良い所を見させてください。
良い所を心からほめてやり
伸ばしてやることができますように。
おとなの判断や習慣で子どもをしばることのないように
子どもが自分で判断し自分で正しく行動していけるよう
導く智恵をお与えください。
感情的に叱るのでなく正しく注意してやれますように。
道理にかなった希望はできるかぎりかなえてやり
彼らのためにならないことはやめさせることができますように。
どうぞ意地悪な気持ちを取り去ってください。
不平を言わないように助けてください。
こちらが間違った時にはきちんとあやまる勇気を与えてください。
いつも穏やかな広い心をお与えください。
子どもといっしょに成長させてください。
子どもが心から私を尊敬し慕うことができるよう
子どもの愛と信頼にふさわしい者としてください。
子どもも私も神様によって生かされ愛されていることを知り
他の人々の祝福となることができますように。

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.