お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

前回よりつづき   つまり、だれとでも理解し合えるなどという幻想を追い求めることを止めることですね。2018年11月28日

前回よりつづき

 つまり、だれとでも理解し合えるなどという幻想を追い求めることを止めることですね。分かり合えない人とは距離を取って交じり合わなければいいのです。街中であれば通り過ぎれば二度と会いませんし、それが小さな集合体の中であれば、会うたびに気持ちよくあいさつを交わして、その後は交わらなければいいのです。

 それが学校なら、どうすればいいか? 小中学生のきみ、高校生のきみ、友だちとの些細な諍いや行き違いで、すごくツライ思いをすることってあるんじゃない? 自分以外の周りは楽しそうなのに、自分だけが孤立させられたり、無視されたり、ハブかれたりって、感じることがあるかもしれない。そんな時、自分のどこがいけなかったんだろう、なんて考え込むよね。
 人間関係って、そこに漂う空気そのものだから、自分なりに悩んでいろいろと改善を試したり、努力をしても状況が好転しないこともあるでしょう?
 悪い状況が一時的なことなのか、それともこれから先もずっと続くことなのか、朝、目が覚めても暗いトンネルにいるような気分だよね。

 別にそこ、がんばらなくてもいいところだと思う。本当に辛いなら、転校しちゃえばいいじゃない。もし、私立や国立校に通っていて、学校のブランドを失いたくないから学校を去るのは嫌だ、というのなら学校に留まって、時間をかけて自信が持てるようになるまで力をつければいいしね。
 そのためには、好きなことを見つけて得意になることだね。力がつくまでは、ちょっと孤独に耐えるトレーニングにもなるしね。力がついてきたら、新しい、もっとパワーのある友だちが寄ってくるよ、向こうから。
 どんな時でも、選択する権利を持っているのは自分だよ。それが一番大きなパワーだ。なりたい自分になるために使う権利をだれもがもっていることを忘れないで。ただし、エネルギーは前向きに使おうね。後ろ向き、破壊的、暴力的、そういうネガティブなことにエネルギーを使うのは止めよう。もし、踏み外しちゃったなら、その1回きりですぐに戻っておいで。
 もしも今、自分のことをダメだと思っていて、そんな自分が受け入れられないなら、まず、そういう自分と友だちになって、そいつのことを受け入れてやって。きっといいやつだから。

 そうなんだよ。小中学生のきみ、高校生のきみ。今、きみたちが恐れているもののうちで最たる恐怖は、人間関係で失敗すること、孤立すること、友だちを失うことだよね。心配だよね。でもね、今持っている人間関係をすべて失うことがあったとしても、その後からまた作り直せばいいんだよ。ぜんぜん怖くないよ。
 SNSでつながっていると思っている絆だって、今この瞬間に放り出したとしても、また新しい環境で新しい友だちができるよ。困ったなとか、何が悩みなんだかすらわからない時でも、一緒に考えてくれる人はきっといるよ。
 断ち切る勇気があれば、覚悟があれば、何回でもリセットできるよ。だってそれはきみの人生だからね。きみの精神と体には、お父さんやお母さんが注いで育ててくれたパワーが満ちている。忘れないでね。だから、だいじょうぶだよ。

3回連続おわり

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.