お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

前回より続く2 実に実に、日本では恐ろしいことが起こっていますよ。2018年3月14日

前回より続く2
 実に実に、日本では恐ろしいことが起こっていますよ。初等教育の崩壊です。ひどい!
 3月2日テレビ放送の内容です。群馬県太田市教育委員会より、公立小学校に進学する保護者へと配布したプリントを保護者が読んで、保護者をはじめとした世間の多く(つまり世論)が困惑していることに教育委員会が困惑している、ということです。以下引用します。

『入学前にお子さまに身につけておいていただきたいこと』太田市教育委員会

 小学校進学を控えた太田市の皆様には入学への夢と希望に胸をふくらませていらっしゃることと存じます。
 しかし入学後、お子さまが健全な小学校生活を送るためには、学校と家庭がそれぞれの役割をしっかりと果たしていくことが、特に大切であると考えております。そこでご家庭で、お母さまがお子さまに対して、小学校に入学するまでに下記のことについてご指導をお願いいたします。
 また、親や家族としても、下記のことを心がけてください。

 入学前にお子さまに身につけておいていただきたいこと
《基本的生活態度》
①人の話をしっかり聞ける ②返事やあいさつが大きな声で、きちんとできる ③イスにきちんと座れる ④他人のものと自分のものの区別がきちんとできる ⑤くつを脱いだらそろえられる ⑥服装をきちんと整えられる ⑦机の上や身の回りを、きちんと整理できる ⑧早寝、早起きを自分からできる ⑨朝ご飯をしっかり食べられる (引用前半終わり)
 
 これに対し番組では
「これを教えるのが学校ではないのか…」
「うちの子はとっくに小学生だけれど、8割ぐらいはできていない」
「プリントを全部読んで率直に『無理だな』って思った」
 という感想の字幕が流れていました。

 ①から⑧の事って、慶応会幼児英才教室で育つ子ならば、早い子は年少児の頃にはできることだと思います。すべて教えています。子にも親にも。
少なくとも、①から⑧の中で、ひとつでもできない項目があると、私立、国立の小学校入試で合格することはできないと思います。なぜならここに書かれていることは、親が日常生活でわが子に教える、就学前に必要なことの基本中の基本だからです。素晴らしいテキストですよ、このプリント。
 ただし、配布時期が遅すぎますよ、就学直前の年が改まった2月に配布では。このプリントを読んで心あるお母さんは「しまった」と思い、子育ての見直しをして実践を始めるかもしれませんが、遅すぎます。4月8日の入学式にはまったく間に合いません。 つづく

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.