お電話でのお問い合わせ TEL 03-3363-7951

理事長通信

トップページ > 理事長通信

私の新刊「お受験・中学受験で 頼りにならないパパが ガラリと変わる本」は印刷一歩手前の状態で足踏み中です。2017年9月6日

 私の新刊「お受験・中学受験で 頼りにならないパパが ガラリと変わる本」は印刷一歩手前の状態で足踏み中です。私が表紙デザインやイラストで細かに出した調整に時間をとられているせいですが。もうすぐお届けしますよ。

 物を作り上げる達成感を早くから知っていた幼いころの私としては、遠くない将来の希望のひとつとして作家になることがありました。
 小1の時からおもしろがって推理小説を書いていましたが、ストーリーが稚拙で骨組みが脆弱で途中で破綻するため、なかなか完成はしません。大成しない「もの書き」に共通する事象ですね。少なくとも完成はさせないとね。没後の発掘により脚光を浴びることもできませんしね。
 その後小学4年か5年のときに、なにか作文の賞をいただき、都庁の旧庁舎で表彰されたことがあったのですが、わたしはてっきり、ひとりだけ小学生を代表して、その、何であったかは忘れましたが小さな賞に選ばれたと思って胸を張って出かけたのです。ところが壇上には4年、5年、6年と、各学年から一人ずつの生徒が並んでいたではありませんか。私はその一人にすぎないと知り、えらくがっかりしたことを覚えています。壇上のスポットライトの中で、「トホホ…芥川賞は遠いなあ」と嘆息したものです。自我が拡大して勘違いした生意気少年ですね。

 あれから潜伏期間30年余り(きみまろのようですが)。会長先生から「慶応会だより」を引き継ぐことを命じられ、私は念願かない連載作家となりました。
 名称を「理事長通信」と改め、私の締め切り生活が始まりました。発行部数は極少数ですが、読者層のレベルが高いので、奮って書いても読者の関心と歓心を引かない日々が続きました。
 若いころ、バルセロナのピカソ美術館で衝撃を受けたことがあります。収蔵された絵は、ピカソと同じくスペインを代表する画家、ベラスケス(宮廷画家、つまり王家のお抱え絵師ですね)の代表作の一枚、王女マルガリータが、お付きに囲まれながら出かける支度を整える最中に、鏡に映った姿を描いたものがあります。そのベラスケスが描いた絵をピカソが模写した絵が数百枚! 飾られているのです。王女や侍女だけの絵やデッサン、習作が含まれているとはいえ、私はその圧倒的な量に文字通り圧倒されました。
 そこで私が確信したことは、「才能は量に表れる」ということです。凡人と才人の差は、一言で言うなら作り出す作品の量だと私は思います。質なんて高くて当たり前ですから、フェルメールみたいな寡作の天才、などという表現は当たらないし、そもそも的を外した表現だとその時に気づきました。

 私の拙文はと言えば、慶応会会員の本物の作家の先生から、「ケンジ先生、理事長通信おもしろかったです。今週のは」といった辛いコメントをいただけるようになりました(そちらの幼児教室からお世話させていただいた姉、弟の会員さんは永く通っていただき、無事に現役で医学部に合格していただきました。私のお役目も完了ですね)。
 積年の課題として、いつかは書店で購入できるような単行本を書くこと、を自らに課しておりましたが、15年続けていた理事長通信が編集者の方の目に留まり(ほぼ同時期に3社からオファーがありました)、なんとか形になったのが私の一作目です。これもひとえに、辛抱強く毎週の通信におつきあいくださった皆さまのおかげと感謝するところです。拙著は再度の重版のご要望をいただき、新作も毎年出せています。
 若造だった時分より、失敗続きの人生から学んだ雑多な経験は私の内部に堆積し、もしかしたら皆様のお役に少しは立てるほどに熟成されたかもしれません。それが良い肥料になっているなら、盛り土の必要なく活用できそうです。

ページトップへ

信頼の指導47年 慶応幼稚舎・早実・慶応横浜初等部・小学校受験・中学受験・中等部受験に勝つ!

| HOME | お問い合わせ |

Copyright 2012, Keiokai Studies In Education All Rights Reserved.